毛抜きや電動毛抜は激しい痛みを伴います

激痛と引き換えにのこるのはボツボツの肌

 

まずは試しに1本抜いてみてください。かなりの痛みです。
アンダー部分は他の部位よりもはるかに敏感で痛みを強く感じる部位なのです。もともと肌の奥にしっかりと毛根を張っている毛なのですから、それを無理ぬ抜くことでその周辺の肌も含め、かなりのダメージを伴うということは、想像に難くありません。

毛膿炎

実際も、もっとも肌にダメージを与えるのがこの「無理に抜く」という行為なのです。
また、1本1本処理する必要があるので、かなりの時間を費やすことになります。電動シェーバー式のものもありますが、時間が短縮されるだけで行為自体による肌のダメージは同じです。
実際経験された方はご存知かもしれませんが、時折出血を伴うこともあります。まさに肌が悲鳴をあげてる状態。こうして引き抜いた皮膚にはぽっかりと穴があき、そこに細菌が感染すると「毛膿炎」となります。
下手するとそうした跡ものこってしまいかねません。デリケートな部分だからこそ、肌が悲鳴をあげる方法は選ばないであげてほしいのです。

肌に優しい脱毛ならコレ

ケノン
毛根に光照射することでダメージを与え、自然な形で脱毛し、そして発毛自体をおさえる。肌に負担のない優しい脱毛手法が「光脱毛」といわれています。(フラッシュ脱毛、その他機種名をつけて呼ばれることがありますが、脱毛エステで採用されているのはこの光脱毛方式です)
効果の高さで注目されているレーザー脱毛は、実はかなりの痛みを伴いかつ、場合によっては火傷や痣の原因にもなるといわれています。
肌への負担、効果、痛みの有無などを考えても光脱毛方法は優れている方式といえます。

 

現在多くの脱毛器がでていますが、機能面(10段階照射強度やトリプルショット等)、サポート面で一番のおすすめはケノン

アンダーヘア脱毛|毛抜きはもっとも危険な行為関連ページ

恐ろしい脱毛エステの裏話
生理でキャンセル時の罰金は当たり前!?脱毛エステのエステシャンの方が、なぜか自分のアンダーヘア脱毛には、脱毛エステには行かないのはなぜ?。エステでの戦慄の裏話。
除毛クリームは肌を溶かし、カミソリは皮膚を削る!
ついつい手軽だからと手をだすのが、除毛クリームや剃刀での処置。けれども、知っていました?除毛クリームは肌を溶かし、カミソリは皮膚を削るということを・・・。
脱毛器ならぬ某除毛器の危険な口コミ
公式ページや売り込みサイトでは決して出されない、除毛器なのになぜか「脱毛器」とうたってる某除毛器の危険な口コミ