除毛クリームは肌を溶かす!?

毛を溶かすほど強烈です

 

脱毛クリームで炎症

これは私もトラブルになったので、とてもよくわかるのですが、除毛クリームは刺激に弱い肌には大敵です。
どんなに肌にやさしいといわれても、除毛クリームの仕組み自体が肌にはやさしくありません。一般に「脱毛クリーム」とか「脱毛剤」といわれるのも同じ仕組みで、実際は「毛を溶かす」のです。
いかに強力かわかろうものです。毛もたんぱく質なら、肌の皮膚ももちろんたんぱく質。たんぱく質を溶かす薬剤を塗布するわけですから、トラブルになりやすいのは言うまでもありません。
ましてや、アンダーヘアゾーンは体の中でも敏感で刺激に弱い場所なのです。ちょっとしたことでもかぶれやすいところに、こんなに強烈な薬剤は・・・怖いですね。

剃刀は毛だけじゃなく、皮膚も削ります

カミソリは皮膚表面を削り落とします

 

もっとも手軽な自己処理として使われるのがカミソリ。けれども、カミソリはムダ毛だけではなく、皮膚表面を削り落とし、細かい傷とびっしりとつけていくのです。
そこに、ばい菌がつくとあっという間に腫れてしまい、俗にいう「カミソリ負け」を起こすのです。
また、ほとんどの人は、カミソリを浴室で使います。アンダーヘアの場合、ビキニを着る機会があるとその前日や直前にカミソリでささっっと処理しちゃう人もいるかと思います。

危険なカミソリ

これがまた、かなり危険な行為なのです。浴室やプール、海、公衆浴場は感染症をおこす細菌やウィルスの宝庫です。びっしりと細かい傷口から進入し、腫れたり膿んだりする原因になります。
また、毛根はのこったまま、表面の傷をふさぐために皮膚が毛根をふさぐようになると「埋没毛」となり、埋没毛となると見た目にも美しくありません。
恥ずかしいからと、自己処理で済ませようとしたにもかかわらず、こうした傷からの感染症で、アンダー部分を皮膚科に診てもらうはめになります。

 

そこで私はコレを選びました

日本人の肌を知り尽くした日本製の脱毛器であることって結構重要だと思います。
10段階の照射強度や「トリプルショット(3連発照射により肌に優しいのに効果が高くなる方式)」機能の搭載など、肌には優しくかつ、しっかり脱毛を行うのがケノン
しかも、このケノン、カートリッジを変更したら美顔器にもなります。正しくは全身に使用できるので、「美肌器」ともいえます。

【ケノンの光美顔器機能のしくみ】
光美顔では、メラニン細胞や血管にのみ吸収される光をお顔に向かって照射します。光を吸収したメラニン細胞や血管は破壊され、その結果、くすみやシミ、そばかすが薄くなり、ニキビ痕や赤ら顔が改善されていきます。
光は同時に、真皮の線維芽細胞を刺激してコラーゲンを増生させますので、皮膚にハリを与え、しわを除去する効果もあります。
しかも、全身に使用可能、さらにはジェルやローションといったものを必要としません

アンダーヘア脱毛|除毛クリームは肌を溶かし、カミソリは皮膚を削る!関連ページ

恐ろしい脱毛エステの裏話
生理でキャンセル時の罰金は当たり前!?脱毛エステのエステシャンの方が、なぜか自分のアンダーヘア脱毛には、脱毛エステには行かないのはなぜ?。エステでの戦慄の裏話。
毛抜きはもっとも危険な行為
一番肌トラブルになるのが、毛抜きで抜くこと。手で抜くタイプ、シェーバー方式のもの、いろいろありますが、「無理に抜く」という行為自体がが危険です。
脱毛器ならぬ某除毛器の危険な口コミ
公式ページや売り込みサイトでは決して出されない、除毛器なのになぜか「脱毛器」とうたってる某除毛器の危険な口コミ