私が大失敗したアンダーヘア脱毛&除毛の自己処理のトラブルの数々・・・

私のアンダーヘアは剛毛


もともととても毛深い上に、毛の質がいわゆる「剛毛」。毛の生える範囲もとてもひろいので、股上の浅い下着をはくとはみ出してしまう感じでした。可愛いショーツはきまって上からはみ出してしまいます。もっといえばストッキングやタイツも履くと毛がこすれてチクチクするうえ剣山状態でした。アンダーヘアを全て剃るのは考えてもいませんが、濃すぎるのは本当につらいものです。

毛膿炎

ざっと思い出しても、生理の時や排卵時のおりものが多い時は蒸れてかぶれてしまうし、夏場になるとさらに臭いが気になる(実際姪っ子に指摘されたことも・・・)。可愛いショーツが履けないし、ましてやビキニスタイルの水着が着れない。上からショートパンツを履いてごまかすはめに、と。
まずはお金をかけずに、と思い、カミソリで剃ることに。一応アンダーヘア用とうたっているカミソリで剃ったら、みるみる腫れてきてしまいました。冷やしても痛くて。でも、手軽だからと続けてたら、「埋没毛」と「毛膿炎」になってしまいました(泣)
実は他にもこんなことを・・・
・ハサミですく⇒生えてる範囲が広いのですくだけでは見えてしまう。しかも切った毛がショーツを突き破る・・・(泣)
・線香で焼き切る⇒臭いが強烈でさらにはやけども。またこれも見える部分にはどうしようもない
・除毛クリーム⇒肌がよわく合わなかったのか処理後、痒くてたまらなかった

脱毛エステ・除毛クリーム・某脱毛器・・・、いろいろな方法を調査しました

衝撃の脱毛業界裏話

恐ろしい脱毛エステの裏話

恐ろしい脱毛エステの裏話

生理でキャンセル時の罰金は当たり前!?脱毛エステのエステシャンの方が、なぜか自分のアンダーヘア脱毛には、脱毛エステには行かないのはなぜ?。エステでの戦慄の裏話があるからです。

除毛クリームは肌を溶かし、カミソリは皮膚を削る!

除毛クリームは肌を溶かし、カミソリは皮膚を削る!

線香で焼き切るなんて論外だけど「皮膚を削る」カミソリやシェーバー、「実は肌も溶かす」除毛剤も恐ろしい・・・。

毛抜きでアンダーヘアを抜くのはもっとも危険な行為

毛抜きではもっとも危険な行為

一番肌トラブルになるのが、毛抜きで抜くこと。手で抜くタイプ、シェーバー方式のもの、いろいろありますが、「無理に抜く」という行為自体がが危険です

脱毛器ならぬ某除毛器の危険な口コミ

脱毛器ならぬ某除毛器の危険な口コミ

公式ページや売り込みサイトでは決して出されない、除毛器なのになぜか「脱毛器」とうたってる某除毛器の危険な口コミ

そして、私が選んだのがコレ

ケノン
やはり、安心で、恥ずかしくなく、また自分の都合で脱毛する日を自由に決められる。自分で痛みの加減も可能。アンダーヘア脱毛をするなら、自分でするのが一番です。
それも、間違った自己処理でなく、次の要件を満たした安全で高性能な家庭用脱毛器がおすすめです。

  •  自分の肌の感度に応じて照射強度が幅広く設定できる⇒脱毛なのに痛くない!
  •  日本人の敏感な肌を考えられた日本製⇒肌に優しい
  •  しっかり脱毛効果がある⇒すぐ生えてくる除毛と違って脱毛でツルツルピカピカ
  •  家族の脱毛もOK⇒カートリッジを変えると肌に触れる部分はそれぞれの専用で使えます。
  •  男性の全身脱毛もOK⇒彼氏のヒゲ脱毛やアンダーヘア脱毛も、カートリッジを変えるとお互い専用で使えます。

それが、日本製のケノン
しかも、このケノン、カートリッジを変更したら美顔器にもなります。正しくは全身に使用できるので、「美肌器」ともいえます。

【ケノンの光美顔器機能のしくみ】
光美顔では、メラニン細胞や血管にのみ吸収される光をお顔に向かって照射します。光を吸収したメラニン細胞や血管は破壊され、その結果、くすみやシミ、そばかすが薄くなり、ニキビ痕や赤ら顔が改善されていきます。
光は同時に、真皮の線維芽細胞を刺激してコラーゲンを増生させますので、皮膚にハリを与え、しわを除去する効果もあります。
しかも、全身に使用可能、さらにはジェルやローションといったものを必要としません